コスメプレス

無添加の化粧品は保湿効果がアップする?【乳液は重要!】

2019.02.25

基礎化粧品の中では化粧水が最も重要だと言われがちですが、乳液もとても重要なアイテムです。そして、毎日肌につけるものですから、無添加の乳液を選ぶことをおすすめします。

でも、乳液とクリームや美容液をどう使い分ければ良いかわからない、無添加だと何が良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか?

そこで、ここでは無添加の乳液による効果と、おすすめの無添加の乳液についてご紹介したいと思います。

■お肌のケアで”乳液”が大事な理由

お肌のケアをする際に、乳液が大事なのはなぜなのでしょうか?

それはもちろん、肌に潤いを閉じ込めて水分の蒸発を防ぎ、乾燥から肌を守るためです。乳液には適度な油分が含まれていますが、化粧水はほとんどが水分ですので、それだけでは肌の水分を保持することができません。化粧水をつけたらすぐに乳液をつけることで保湿効果を得ることができ、肌の水分をしっかりと保持することができるのです。

また、乳液とクリームや美容液をどう使い分けたらよいのか?と悩む人も多いと思います。それぞれの役割は全く異なるので、自分に合ったアイテムを選ぶことが重要です。

美容液は肌の保湿効果を高めるというよりは、美容成分を肌の奥に浸透させるのが目的です。そのため、毎日の保湿ケアに使うというよりは、寝る前などに肌に栄養や美容成分を届けるために使いましょう。

クリームは乳液と同じように、肌に油分を補い水分を保持するために使います。乳液よりも油分が多いので、乳液では保湿効果が足りないと思った時に使うと良いでしょう。また、乳液には肌を柔らかくする効果や肌のキメを整える効果もあります。乳液が持つこのような効果を得たい場合にも、おすすめです。それぞれのアイテムの特徴を知り、自分に合ったタイプの基礎化粧品を選ぶようにしましょう。

■無添加を使うと保湿効果がアップするって本当?

乳液は肌の水分を守り保湿効果を高めてくれますが、無添加の乳液を使うとさらに保湿効果が高まると言われています。

無添加とは、肌触りを良くするためのシリコンや石油系界面活性剤、防腐剤などの添加物が入っていないことを示します。ところが、無添加表記には法的な基準などはなく、実際にはメーカーが独自に指定した添加物が入っていないことを示しているだけです。

そのため、無添加の乳液と書いてあるだけで、安心できるとは限りません。成分表示をよく読んで、本当に肌に良くない成分が使われていないかを、しっかりと確かめる必要があります。本当に無添加の乳液を使えば肌への悪い影響を一切排除でき、高い保湿効果が得られます。そのため、添加物の成分表記を正しく知っておく必要があるのです。

例えば、「ジメチコン」などと表記されるシリコンが入っていると、肌の表面に幕を張ってしまい通気性が悪くなるので、肌への負担が大きくなります。

「エデト塩酸」「ラウリル硫酸ナトリウム」などと表記される石油系界面活性剤は、その強い洗浄力からクレンジングなどに配合されます。その強い洗浄力により、肌に強い刺激が起こりますし、時にはアレルギー症状やがんを誘発する可能性もあると言われています。

「パラベン」などと表記される防腐剤が入っていると、やはり皮膚への強い刺激が起こります。

このような悪影響を極力排除した無添加の乳液を使えば、肌に余計な刺激を与えることなく、肌に良い成分だけを届けることができます。その結果、保湿効果はアップし、美しい肌を得ることができるでしょう。

■おすすめ無添加乳液「アミノリセナチュラルモイストエマルジョン

本当の意味で無添加で、肌に刺激を与える成分が一切入っていない乳液などあるのでしょうか?自分で成分表示を全て読み、無添加の乳液を探し出すのはとても難しいと思います。

そこでおすすめしたい無添加乳液が、アミノリセナチュラルモイストエマルジョンです。

アミノリセナチュラルモイストエマルジョンは、コメ由来の美容成分が使われていて無添加なので安心して使うことができます。

この乳液には、コラーゲンの構造を安定化してくれる「ヒドロキシプロリン」と、およそ1000分の1に細微化された浸透型加水分解コラーゲン、そして、保水力が高いヒアルロン酸ナトリウムなどの美容効果が高い成分がたっぷり含まれています。これらの成分をしっかりと肌の奥まで届けつつ、適度な油分で肌をコーティングしてくれるので高い美容効果と保湿効果を得ることができるのです。

主成分がコメ由来なので、肌に余計な負担をかけることがありません。しかも、肌なじみが良くべたつかないので、使い心地も良いのです。無添加の乳液がなかなか見つからないという方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

■まとめ

乳液には化粧水やクリーム、美容液とは違う役割がありますから、それぞれの性質を正しく知り上手に使い分けることが大事です。

そして、無添加の乳液は肌への余計な刺激が少なく、高い保湿効果が期待できます。特に、肌が弱い方は無添加の乳液を使うことをおすすめします。

コメ由来の成分を使った「アミノリセ ナチュラルモイストエマルジョン」なら、しっとりともちもちした肌を得ることができるでしょう。無添加の乳液を探している方は、ぜひ試してみてください。敏感肌の方にもぴったりの、無添加乳液です。

この記事を書いた人オーガニックコスメマニア

オーガニックコスメにはまっているコスメマニアの私が、独自調査を元にオススメのオーガニックコスメをご紹介しています。これからオーガニック・無添加の化粧品に乗り換えようと思っている方は参考にしてみてください。