コスメプレス

無添加コスメのメリットをランキングでご紹介!【知って得する!】

2019.02.21

無添加コスメは、肌に刺激や負担をあたえる成分(香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、合成防腐剤など)が含まれていない化粧品です。添加物が含まれていないと肌への刺激が少ないので、敏感肌の人や肌のコンディションが悪い人には、特におすすめです。しかし、肌にやさしいイメージの無添加コスメですが、すべての成分が無添加でないこともあるため、選ぶ時は注意が必要です。ここでは、安心して使える無添加コスメをランキング別にご紹介します。

無添加コスメ人気No.3「素肌日和 潤み肌水」

ます、人気No.3として「素肌日和 潤み肌水」をご紹介します。

セラミドやヒアルロン酸をたっぷり配合した、保湿ケアにこだわったローションです。成分は保湿に集中したシンプルな配合で、保湿成分のほかに、保水のためにダマスクバラ花水、香りにはゼラニウム精油、防腐剤には植物ハーブのローズマリーエキスを配合、ノンケミカル(無添加)を実現しています。敏感肌、乾燥肌、アトピー肌の保湿効果はもちろん、赤ちゃんのスキンケアにも安心して使用できます。肌をなめらかにする温泉水も配合し、しっとりツルツルの肌をつくり出してくれます。トロっとしたテクスチャーで、口コミでも肌へのなじみの良さや、乾燥への効果が高く評価されています。

<成分>

水、温泉水、グリセリン、ローズマリー葉エキス、ヒアルロン酸Na、大豆種子油、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド6Ⅱ、ニオイテンジクアオイ油、ダマスクバラ花水、キサンタンガム

<内容量>

100ml

<通常価格>

2,800円(税別)

無添加コスメ人気No.2「ルコラ 保湿化粧水」

次に人気No.2として「ルコラ 保湿化粧水」をご紹介しましょう。

敏感肌の人でも使えるよう、無香料、無着色、無鉱物油、オイルフリー、ノンパラベン、ノンアルコールの6つの無添加を実現したローションです。飲むコラーゲンにも使われる低分子の高品質コラーゲンと、ビタミンC誘導体のアスコルビン酸PSを配合、乾燥や紫外線などストレスの多い肌に、うるおいとハリをあたえ、みずみずしい美しい肌を導いてくれます。成分がとてもシンプルなのも、安心して使える大きなポイントです。

<成分>

精製水、加水分解コラーゲン、ベタイン、アスコルビン酸PS(ビタミンC誘導体)、フェノキシエタノール

<内容量>

100ml

<通常価格>

2,000円(税別)

○フェノキシエタノールって?

ノンアルコールなのに、成分に「フェノキシエタノール」が入っているため、その名称から気になる人もいると思います。フェノキシエタノールは、一般的なアルコールとはまったく異なるもので、化粧品の防腐剤に使われています。無添加をうたっていても、開封後の品質劣化や雑菌繁殖をふせぐため、化粧品には防腐剤が必要です。フェノキシエタノールは、一般的につかわれている防腐剤「パラベン」に比べて低刺激で、少ない量で効果を発揮するため、最近よく使われている成分です。

無添加コスメ人気No.1「アミノリセナチュラルモイストクリーム

そして、堂々の人気No.1は「アミノリセナチュラルモイストクリーム」です。

製造元は老舗日本酒蔵元の福光屋、その米発酵のノウハウから誕生したコメ発酵液「FRS-01」と、米由来のスクワラン、スーパーヒアルロン酸などをたっぷり配合した保湿クリームです。コメ発酵液とは、肌の天然保湿因子をつくる20種類以上のアミノ酸、ビタミン、ミネラルなど100種類以上の美容成分が含まれたエキスです。表皮角質層まで浸透し保湿力を高めるほか、優れた抗酸化作用で美白効果も発揮します。香料、着色料、鉱物油、合成防腐剤、石油系界面活性剤は使用しない無添加処方で、肌本来の力を引き出せるよう、天然由来成分を厳選して使っています。たっぷりと含まれたアミノ酸は、乾燥した肌にうるおいをあたえ、さらにコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成する真皮の「線維芽細胞」を活性化させる働きもあり、肌にハリと弾力をよみがえらせ、若々しい吸いつくような肌をつくり出してくれます。さらっとしたテクスチャーですが、肌につけるとぐんぐん浸透していき、ベタつかずにしっとりとうるおい、口コミでも、さっぱり感と浸透力に高い評価が与えられています。

<成分>

水、スクワラン、コメ発酵液(FRS-01)、グリセリン、ホホバ種子油(オーガニック)、べチレングリコール、ステアリン酸グリセリル(SE)、ベヘニルアルコール、ミツロウ、ステアリン酸、ステアリン酸ポリグリセリル-10、水添ホホバ油、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na(スーパーヒアルロン酸)、カラギーナン、ローズマリーエキス、スクロース、デキストリン、グルコシルセラミド、ニンジン根エキス、ダイズ油、アルギニン、トコフェロール

<内容量>

30g

<通常価格>

8,000円(税別)

○ベヘニルアルコールって?

アルコールに敏感な人は、成分の1つ「ベヘニルアルコール」が気になると思います。ベヘニルアルコールは、ナタネ油からつくられる固形の油性原料です。保水性が高く、乳化剤や保湿剤としてクリームや乳液に使われています。名称にアルコールと付きますが、一般のエタノール(エチルアルコール)とは構成が異なる別なものになります。皮膚への刺激性もほとんどなく、高い安全性が認められている成分です。

肌に合う無添加コスメで美肌に

無添加コスメを使うメリットは、何と言っても低刺激なことでしょう。敏感肌で悩んでいる人にも、合う商品が多くあります。ここにご紹介した商品は、ほとんどの添加物が無添加のものをチョイスしました。とはいえ、天然香料や防腐剤にローズマリーの使用もあり、匂いに敏感の人やローズマリーのアレルギーがある人には、合わない場合もあります。選ぶ時は成分をよく確認し、自分の肌に合った商品を選ぶようにしましょう。

この記事を書いた人オーガニックコスメマニア

オーガニックコスメにはまっているコスメマニアの私が、独自調査を元にオススメのオーガニックコスメをご紹介しています。これからオーガニック・無添加の化粧品に乗り換えようと思っている方は参考にしてみてください。