コスメプレス

価格が安い無添加コスメの安全性を調査【おすすめ商品のご紹介】

2019.02.20

無添加コスメとは、化学合成物質が配合されていないコスメのことと思われがちですが、実際はそうではなく、「特定の成分を取り除いたコスメ」のことです。化粧品の配合はメーカーや種類毎に異なりますが、化粧品に無添加の記載があっても、それは「何かの成分がない」ということでしかありません。例えば、香料が含まれない化粧品は香料無添加ですし、アルコールが配合されていない化粧品はアルコール無添加と記載することができます。
無添加コスメは高い方が安心される方がいらっしゃるかもしれませんが、「配合されていない成分」が同じであれば、安いコスメでも同じ無添加コスメといえます。

無添加コスメの平均価格はいくら?

「特定の成分が除かれて」いれば無添加コスメということができるので、値段はぴんからきりまで様々なものが販売されています。
ただし、無添加を標榜した化粧品の場合、価格は高くても5,000円を上回るくらいのものが多く、1万以上する超高級化粧品はあまりありません。安いものだと1,000円を切る商品も多くあります。総じて、2,000~3,000円が無添加コスメの平均価格といえます。

安い無添加コスメの安全性は?

上述したように、無添加コスメとは、「特定の成分が配合から除かれている」コスメのことです。価格が安いからといって、無添加コスメの安全性が疑われるということはあり得ません。それは、「ある成分がない」という証でしかないからです。
例えば、もし自身の肌が香料に反応して痒くなったり、荒れてしまったりするということが分かっていれば、香料無添加のコスメを選択することで肌トラブルを防ぐことができます。「肌荒れを防ぐコスメ」という視点でみると、香料無添加のコスメであれば高かろうが、安かろうが、効果に違いはありません。むしろ、自分に合うコスメであれば、価格は安ければ安いだけ出費を抑えられます。

自分にあった無添加コスメを選ぼう

化粧品を選ぶ際には、無添加と記載があっても、「何が配合されていない」のかきちんと確認する必要があります。
無添加と記載があれば、下記のような成分が除かれている場合が多いです。
・香料
・着色料
・防腐剤(パラベン)
・エタノール(アルコール)
・石油系界面活性剤
・鉱物油

もちろん、上記以外にも色んな無添加化粧品があります。自分の肌にあった無添加コスメを選択することが肝要です。以下では、オススメの無添加コスメを紹介します。

アミノリセクレンジングミルク
メーカー:福光屋
容量:150mL
価格:4,000円(税込:4,320円)

アミノ酸たっぷりの「コメ発酵液FRS-01」、コメヌカ油などを配合したミルククレンジング。とろりとしたミルクが肌に負担をかけず、しっとりとメイクや皮脂汚れを落とします。毎日使うクレンジングだからこそ、肌に負担をかけず、素肌に戻すことが大切です。

無添加物質
・石油系防腐剤
・香料
・着色料
・石油系界面活性剤

まとめ

無添加コスメは、「何の成分が配合されていないか」をきちんと確認して、自分の肌にあったものを選びましょう。
安いコスメであっても、あらかじめ自分の肌に合わない成分がわかっていれば、その成分が除かれた無添加コスメを選択することで、コスパのいい化粧品で高い効果を得ることができます。

この記事を書いた人オーガニックコスメマニア

オーガニックコスメにはまっているコスメマニアの私が、独自調査を元にオススメのオーガニックコスメをご紹介しています。これからオーガニック・無添加の化粧品に乗り換えようと思っている方は参考にしてみてください。