コスメプレス

皆がおすすめするオーガニックコスメのブランド【クチコミ情報】

2019.02.20

書籍が発売されたり、テレビ番組で特集を組まれたりと、注目度の高い「オーガニックコスメ」。インターネットで検索をかければ、たくさんの「オーガニックコスメ」情報が出てきます。お値段も、高いものから、比較的手に入れやすいプチプラまでと幅広く、消費者の私たちは、『一体どれが一番良いのか?』と、つい迷ってしまいます。

今回は、この「オーガニックコスメ」について詳しくお話しすると同時に、「オーガニックコスメ」のクチコミ情報や、人気のあるブランドについてなどをご紹介させて頂きます。

◾️オーガニックコスメが人気な理由は?

そもそも「オーガニックコスメ」、普通のコスメとはどのような違いがあるのでしょうか。

一般的に売られているコスメのほとんどは、良い香りがするよう香料が入っていたり、開封してからも長く使えるようにと、防腐剤が含まれています。また、保湿効果を高めるために、お肌にとって負担のかかる成分を添加し、使う人が満足する使用感にしていることもあるのです。確かに女性にとって良い香りのする化粧品を使うことは、その日の気分をアップすることにも繋がります。保湿効果の高さを実感すれば、喜びにも繋がるでしょう。しかし、お肌との付き合いは、女性にとって一生の付き合いに価するもの。今だけ良ければOK!では、実はお肌にとって、悲しい結末が待ち受けている…そんなケースも考えられます。

近年、インターネットの発達により、海を超えた海外の「オーガニックコスメ」を手軽に手に入れられるようになりました。その影響もあり、ここ数年で一気に海外の「オーガニックコスメ」が日本に進出しています。そして、そんな海外の「オーガニックコスメ」を中心に販売する、”コスメのセレクトショップ”も、日本人の女性に大変人気です。そんな中、日本オリジナルの「国産オーガニックコスメ」を作ろう!と、新たな商品の開発などの動きもあるのです。

◾️クチコミ情報まとめ

「オーガニックコスメ」についての知識が少し入ったところで、クチコミで話題の「オーガニックコスメ」アイテムをまとめてみました。

 

【ニールズヤード レメディーズ 《ビューティナイトボディバター》】

https://www.nealsyard.co.jp/onlineshopping/item/detail.php?i_id=833&sm_id=8

 

1981年創業。ロンドンにて、英国初のハーブティやオーガニックスキンケアを取り揃えたナチュラルアポセカリー(自然薬局店)をオープンさせたのが始まりです。肌にのせたものが、体の中に浸透するという考えのもと、誕生以来、オーガニックにとことんこだわり続けてきました。天然ハーブを材料に使った癒される香りに魅了されるファンも多く、有名スポーツ選手も愛用されているほど。

『ビューティナイトボディバター』は、その名の通り、こっくりとしたバターのようなテクスチャーと、クラリセージやイランイラン、サイプレスといった、女性特有の悩みやストレスに特化しています。寝る前、優しくボディをマッサージするように使うことで、翌朝の肌がもっちりと潤います。

 

【ジュリーク《ローズ ハンドクリーム》】

https://jurlique-japan.com/fs/shoponline/205114

 

1985年、化学や薬草学に精通した学者クライン夫婦により誕生したオーガニックコスメブランドです。学者である豊富な知識を生かし、地球と自然のサイクルを取り入れ、自社農園にて製品製造されています。

《ローズ ハンドクリーム》は、ブランドの中でも大変人気のアイテムでもあり、有名モデルが紹介した事でも、大変注目を浴びました。

厳選された植物オイル、こだわりのハーブエキスを贅沢に配合。肌馴染みの良いテクスチャーなのにベタつかず、ふっくらと柔らかい手肌に導いてくれます。ふんわりと華やかに香るローズの香りは、女性に癒しの時間を与えます。

 

【trilogy(トリロジー)《ローズヒップオイル》】

http://favostyle.com/category/TRILOGY/0500000000006.html

 

2002年、ニュージーランドにて誕生。ブランドが生まれて15年とまだ短いですが、ブランドの代名詞でもある《ロースピップオイル》は、本国ニュージーランドだけでなく、日本でも大変人気の高い商品です。ブランド創設者でもあるサラ・ギブスとキャサリン・ド・グルートら自身も、ローズヒップオイルの効果に魅了され、ブランドを立ち上げたほど。

《ロースピップオイル》は、必須脂肪酸「EFA」を80%以上も含み、お肌のハリや乾燥悩みにフォーカス。使い続ける事で、お肌がふっくらと柔らかくなることを実感できます。また、さらりとしたテクスチャーは、肌馴染みもよく、朝晩使用する事もできます。

【MiMC 《ミネラルリキッドファンデーション》】

https://www.mimc.co.jp/products/detail384.html

 

日本人創設者・北島寿が、自身のアトピー性皮膚炎の経験から生み出したブランド。『クレンジングをしなくても美しいメイクが仕上がる』ことを提案し、オーガニックコスメには珍しい、鮮やかなカラーメイク用品が豊富に揃います。

《ミネラルリキッドファンデーション》は、5年もの歳月をかけ誕生した、ブランド初のリキッドファンデーションです。こっくりとしたテクスチャーでありながら、お肌に溶け込むように馴染み、するりとした、素肌感の残る美しい肌を作り上げてくれます。

 

【アミノリセ 《アミノリセクレンジングミルク》】

https://www.fukumitsuya.com/category/COSMETIC_CATEGORY/85180.html

アミノリセは、創業歴史390年以上の日本酒蔵による「国産オーガニックコスメブランド」です。長い歴史から生まれたオリジナル保湿成分「コメ発酵液FRS-12」を配合した化粧品を多数発売。

アミノリセのクレンジングミルクは、とろりとしたミルクが肌に負担をかけ図に、しっとりとメイクや皮脂の汚れを落としてくれます。使用後のお肌はつっぱらず、潤もキープ。乾燥肌の方でも、安心してお使いになれます。

◾️本当に良いと感じるブランド3選

たくさんある「オーガニックコスメブランド」の中から、特におすすめしたいブランドを3つ、ご紹介させて頂きます。

【trilogy(トリロジー)】

ニュージーランド発祥のオーガニックコスメブランド。日本でもファンが多く、ローズヒップオイルは、世界中で20秒に1本は売れている大人気商品です。

ニュージーランドランドの姉妹サラ・ギブスとキャサリン・ド・グルードが、ロースピップオイルの魅力に魅せられ、立ち上げた事から始まり、現在ではスキンケアだけに止まらず、ボディケアやヘアケア製品など計40を超える商品を発売。日本を含む、世界20ヶ国以上で販売されています。柑橘系の爽やかな香りのアイテムも多く、使用しながら、その香りに癒される方も多くいらっしゃいます。

【MiMC】

『パワフルな現代の女性に、パワフルな自然の力を。』をモットーに、現代人女性に向けた、トレンド感あふれるアイテムを発売する、日本のオーガニックコスメブランドです。

クレンジング不要のファンデーションは、数々のメディアでも取り上げられており、オーガニックコスメではあまりなかった、カラフルで発色のよいカラーアイテムが充実しています。スキンケアアイテムも豊富に揃い、独自の考え方によるスキンケア方法も、魅力です。

ブランド代表・北島寿による著書「クレンジングをやめたら肌がきれいになった」は、安達祐実をモデルに迎え、若い女性にも影響を与えた一冊となりました。

【アミノリセ】

1625年創業の老舗酒蔵による、「国産オーガニックコスメブランド」。

良質な米と水による日本酒作りを長く続けてきた老舗ならではの経験を元に、企業独自の保湿成分「コメ発酵液FRS-12」を開発。「コメ発酵液FRS-12」を含むスキンケアアイテムは、幅広い年代から、既に高い評価を受けています。有名クチコミサイト@コスメでの評価も高く、実際に使った方のクチコミによって、気が広まった日本のブランドです。

保湿に特化したスキンケアが充実しており、使用した方は「肌がワントーン明るくなった」「長年の乾燥肌が改善された」といったクチコミが多く寄せられています。材料から土地、その全てが日本であることが大きな特徴です。

◾️まとめ

日本は海外に比べ、「オーガニックコスメ」について、まだまだ発展途上中です。しかしそんな中、良質な「オーガニックコスメ」を届けるため、日々、努力し続ける国内のブランドも存在します。

良質な「オーガニックコスメ」を使い、肌本来の力を底上げする時代は、すでに来ています。

「自分自身の肌を好きになれたら、今よりもっと、自分を好きになれる。」

素晴らしいオーガニックコスメに出会い、毎日を”お肌から”、豊かに過ごしてみませんか。

この記事を書いた人オーガニックコスメマニア

オーガニックコスメにはまっているコスメマニアの私が、独自調査を元にオススメのオーガニックコスメをご紹介しています。これからオーガニック・無添加の化粧品に乗り換えようと思っている方は参考にしてみてください。