コスメプレス

無添加石鹸のクチコミ比較【効果やおすすめをご紹介】

2019.02.19

最近人気な無添加の洗顔石鹸。合成界面活性剤を使わないやさしい石鹸の洗浄と、余計なものが入らないシンプルな配合。肌に負担が少ないスキンケアとして年齢問わず定評があります。

たくさんの無添加洗顔石鹸がありますが、今回はそれらのクチコミを調べて実際にどんなクチコミや効果があり、さらにどの無添加石鹸がいいのかを見ていきましょう。

無添加石鹸のクチコミを調査

無添加洗顔石鹸のクチコミを調べてみました。まずもっとも多かった感想は洗い上がりについてです。

 

「洗い上がりはすっきりでくすみが取れたように…」30代女性
「洗い上がりは、ツッパリはしないけどさっぱり系…」10代女性
「さっぱりすっきりめですが、すぐにスキンケアすれば問題ない…」40代女性

 

洗い上がりのさっぱり感は石鹸の特徴です。さっぱりしすぎて必要な皮脂まで洗い流してしまう石鹸が以前は多くありましたが、クチコミを見てみると人気の無添加洗顔石鹸はきちんと保湿効果があるものが多いです。

また石鹸洗浄ではなく合成界面活性剤で洗う洗顔料は洗浄力が強く、肌に必要な皮脂などを洗い流してしまうことも。必要なものがなくなった肌はバリア機能が正常に働かなくなり、外からの刺激に過敏に反応する敏感肌になったり、トラブルが起こったりします。

こういった合成界面活性剤の洗浄成分と比較しても、石鹸であれば洗浄力が強すぎることなくやさしく洗うことができます。

さらに余計なものをできるだけいれていない無添加処方の無添加洗顔石鹸なら、肌が本来持っている力をさらに引きだす効果があると考えられます。無添加石鹸はさっぱりしながら、肌に負担をかけない洗顔ができることが魅力です。

石鹸は実は5000年前から使用されてきた界面活性剤。界面活性剤と聞くと「人の体に悪いもの」と思う方もいるかもしれませんが、界面活性剤とは水と油のように自然な状態では混ざり合わないものを混ざり合わせる働きをするもののこと。近年になり、石鹸に代わって自然界にはない複雑な配合を行った合成界面活性剤がつくられはじめ、環境に悪いといわれてきました。

石鹸の製法や原料は合成界面活性剤に比べてシンプル。また水で薄まると界面活性作用がなくなり、環境に安全な性質を持っています。日々必要な洗顔料ですから、肌にも環境にも安心して使えるのが無添加洗顔石鹸が人気である大きな理由のひとつでもあります。

無添加で安心な無添加洗顔石鹸。肌のトラブルがなくなったという声や、トラブルがでたら無添加石鹸を使うようにしているという声もありました。

 

「時期的な乾燥で肌が疲れてる時にはとてもよい」50代女性
「すごく肌が荒れている時でも洗い上がりがしっとりしていた」20代女性
「低刺激なのでお肌が敏感になっていたりトラブルがある時なんかはよいかもですね」20代女性

 

また次にクチコミで多かったのは洗ったあとに肌がトーンアップするという声です。

 

「お風呂から上がって鏡を見ると顔白いです…」30代女性
「新陳代謝が活発になり、ターンオーバーを促し、…」40代女性
「毛穴の黒ずみやくすみも一気にオフできます」40代女性

 

肌の悩みには大人ニキビやくすみなどがあります。これらを改善できるのも洗顔石鹸のよいところ。古い角質を落としてターンオーバーを促進してくれ、余分な汚れをきちんと落とすことで健康な肌、ワントーン明るい肌色が実現します。

無添加石鹸の効果は?どの肌質に最適か

無添加洗顔石鹸の効果をクチコミからまとめると大きくはこちらの2つです。

・トラブル肌が改善する。
・くすみがなくなり、ワントーン明るい肌になる。

クチコミのなかには、洗顔石鹸の種類や個人の肌質によっては「しっとりする」という場合もあれば「乾燥してガサガサになってしまう」という場合も見られました。配合されている成分によっては石鹸の洗浄力が強く、肌に合わない場合もあるので注意が必要です。

無添加洗顔石鹸のよさは、肌に不要なものはできるだけ配合しないというシンプルなところにあります。そのシンプルさがもともと肌が持っているバリア機能を高めて、トラブル肌が改善し肌の新陳代謝が正常に行われるようになります。そうすると新しい細胞が活性化し、肌のくすみがなくなっていくのではないかと想像できます。

おすすめ無添加石鹸

無添加石鹸は合成界面活性剤を使用せずにやさしい洗浄を実現して、肌への負担を最小限にするものです。しかしやはり「乾燥してしまう」というクチコミが多いのも確かです。

数ある無添加の洗顔石鹸のなかで選ぶとしたら、やはりダメージケミカルは無添加でありながら、きっちりと保湿をしてくれるものを選ぶべきでしょう。そうすることで無添加洗顔石鹸のよい効果はそのままに、石鹸で乾燥しすぎてしまう肌への対応もできます。

無添加洗顔石鹸のなかでもとくにクチコミ評価の高いものを見てみると、やはり保湿成分が配合されている石鹸でした。おすすめは独自開発の「コメ発酵液 FRS-01」やコメ由来のセラミドであるコメヌカスフィンゴ糖脂質、コメヌカ油など天然由来成分だけを原料とした「アミノリセモイストソープ」です。

アミノリセモイストソープ」に含まれる「コメ発酵液FRS-01」は米発酵技術から生まれた美容成分。なんと保湿を超える「増湿」効果が期待でき、さらにエイジングケア成分が含有されています。

無添加の洗顔石鹸でありながら、高い効果が期待できる「アミノリセモイストソープ」なら、乾燥肌で洗顔石鹸はあきらめていたという方にもおすすめです。

まとめ

無添加の洗顔石鹸のクチコミから、敏感肌や肌トラブルを抱える方が使用して満足しているということがわかりました。また肌にダメージケミカルを中心とした余計なものを加えないことで肌がバリア機能を高めて、本来の健康な状態になっていることもクチコミから見えてきました。毎日使う洗顔料だからこそ、肌のことを考えれば負担なく洗える無添加の洗顔石鹸を選ぶべきでしょう。

またたくさんの種類がある洗顔石鹸ですが、そのなかでもクチコミ人気の高いものは「アミノリセ モイストソープ」のように保湿効果やアンチエイジング効果が期待できる成分が配合されている石鹸です。敏感肌や乾燥肌の方はとくに、無添加の洗顔石鹸のなかでも自分の肌の状態に合ったものを選ぶようにしましょう。

この記事を書いた人オーガニックコスメマニア

オーガニックコスメにはまっているコスメマニアの私が、独自調査を元にオススメのオーガニックコスメをご紹介しています。これからオーガニック・無添加の化粧品に乗り換えようと思っている方は参考にしてみてください。