コスメプレス

オーガニック化粧水の保湿力を比較!【種類・効果別に】

2019.02.19

洗顔の後、素肌にまっさきに触れるのが化粧水です。ですから、化粧品の中でも特に重要視されるのも当然のことです。

また、その上に重ねて塗布していく乳液やメイクのノリも、化粧水による肌の潤いや状態が大きくモノをいいます。

朝晩、欠かさず素肌に浸透させる化粧水こそ、健全な成分のみを使用した効果の高いものを使用する必要があります。とはいえ、各メーカーが販売しているローションの数は膨大で、自分にしっくりくるローションを見つけるのは至難の業。

そんなかたに、ちょっとしたアドバイスをお送りいたします。

化粧水でも保湿力が大事??

ここ数年、日本人の肌の美しさが海外でも注目されています。

ある海外の記事によれば、日本人は「スキンケアのために平均して7商品を使用し、11の過程をルーティンとする」とレポートしています。

実は、「ローション」は西洋では一般的ではなく、記事内でも「肌の美しい日本人にとってローションは必要不可欠なものである」と書かれているほど。ある美容研究家によれば、あらゆる化粧品の有効成分を最大限に引き出せるか否かは、肌質にあった良質なローションの選択が正しくなされているかにかかっているそうです。

それでは、なぜそれほどローションは重要なのでしょうか。

スキンケアの最初のステップ、それが化粧水の塗布です。水分の含有量が多い化粧水を使用することによって、お肌の水分補給が最適化されるのです。お肌が潤うことによって、化粧水の後に塗る化粧品の有効成分が非常に吸収されやすくなるのです。

洗顔後の、肌が引っ張られるような感覚があるうちは、いかに高価な乳液や美容液をお肌に塗っても効果は期待できないのです。こうした理由から、ローションによる保湿はスキンケアの「基本の基」といわれています。

オーガニック化粧水の保湿力を種類別に比較

まず、有害な成分を極力使用しないことがテーマとなっている「オーガニック」の化粧品ですが、これはまだ国際的な基準というものが定められていません。そのため、国によって「オーガニック」と名乗ることができる最低ラインに相違があるのです。

「ナチュラル」とうたっている化粧品も「オーガニック」とは一線を画します。「ナチュラル」も「オーガニック」も、植物を主原料としていることでは同じです。「オーガニック」はさらに、それらの植物が有機栽培されていることが条件になります。栽培の段階から、化学肥料などを使用していない「オーガニック」が、より製品の質にこだわっているといえるでしょう。

そして、化粧水と一口に言っても、さまざまな種類が存在します。まずは、最も一般的な「一般化粧水」です。これは言うまでもなく、洗顔後にとりあえず肌に塗布する化粧水で、80パーセントは水分です。

また、「収斂化粧水」は文字通り肌を引き締めることを目的としています。アルコール成分が多めに配合されているのが特徴です。肌のph値は4,75~5,5が正常値とされており、これはやや酸性。「弱酸性」とうたわれた化粧水の由来は、ここにあります。「アルカリ性化粧水」は、あえてアルカリ性にすることで肌を柔軟にする作用があるといわれています。

「収斂化粧水」や「アルカリ性化粧水」は、肌がデリケートな方には少し刺激が強いことが多く、ヒリヒリとした感覚を感じる方もいるかもしれません。とくに「収斂化粧水」は、欧米では「トニック」と呼ばれて化粧水とはカテゴリーを異にしていることもあります。

「柔軟化粧水」は、保湿を主な目的とした化粧水です。アミノ酸、コラーゲンなどを配合し、肌に水分を補給し文字通り柔軟にしてくれます。また、次に使用する美容液や乳液の吸収力を高めてくれる効果もあるのです。

保湿力が高いオーガニック化粧水「アミノリセナチュラルモイストローション

いったいどの化粧品を試してみたらいいのか頭を抱えてしまう方もいらっしゃるでしょう。日本の女性の肌は、海外で称賛されるほどの繊細な美しさが特徴です。そのために、いかに海外の老舗のオーガニック化粧品といえども香りや刺激が合わない、という方も多いのが実情です。

そこでぜひお試しいただきたいのが、日本人の食文化には欠かせない「コメ」が主成分となっている化粧水です。「アミノリセ」のナチュラルモイストローションは、日本酒製造を研究する過程から生まれた化粧品のライン。

酒造りには神が宿るといわれていますが、酒蔵には神だけではなく無数の酵母菌や微生物が存在し、独自の宇宙を作り出しています。その恩恵が、女性の肌のためにも活用されているのです。

天然のアミノ酸を豊富に含む「アミノリセナチュラルモイストローション」は、上質な水とコメを原料にしたコメ発酵液「FRS-01」が配合され、乾燥したお肌に穏やかに速やかに浸透していきます。もちろん、香料や着色料、石油系の成分は一切含まれていません。あらゆる点から、上質な「オーガニック」の真髄を極めた「アミノリセナチュラルモイストローション」。

特に乾燥肌のかたには喜ばれている、保湿力抜群の化粧水です。

まとめ

世界的に急成長している「オーガニック」の市場には、必ずしもそう名乗るのにふさわしくない商品も少なくありません。

消費者としては、それぞれのブランドのホームページをチェックし、信用できるブランドであることを自分で確認して購入することを心がけましょう。とくに、素肌に直接触れる化粧水は、肌質にあった健全なものであることが大事な条件なのです。

この記事を書いた人オーガニックコスメマニア

オーガニックコスメにはまっているコスメマニアの私が、独自調査を元にオススメのオーガニックコスメをご紹介しています。これからオーガニック・無添加の化粧品に乗り換えようと思っている方は参考にしてみてください。